購入と賃貸の良いところ、悪いところ

購入と賃貸の良いところ、悪いところ

マンションの購入と賃貸ではどれだけ支払う金額が違ってくるのか、購入するにしても借りるにしても利点があります。もちろんその逆も。今回は賃貸を選ぶかどうかで、注意すべき点を考えてみます。まずは大きく三つのケースで考えてみましょう。家を買う場合、マンションを買う場合、マンションを借りる場合です。住居を長く使った場合は、買った方が安くすみます。しかし、途中で住居を変える場合賃貸を使った方がいいでしょう。最終的には地元へ帰るだとか、セカンドライフは定年後田舎で畑仕事でもすると決めている人は賃貸マンションの方が特でしょう。

 

これから少し細かく利点を見ていきましょうと思いますが、これはその人の考え方によって大きく違ってくるものです。まずマンション、戸建てを買った場合には資産となります。また、一度返済が終わってしまえば、経済的負担が軽くなります。精神的にも気楽と言えるでしょう。しかし、デメリットもあり、転勤やなんらかの事情ですんでいた土地を離れなくなったときに、対応しにくいということがあります。実家に帰って家業を継ぐことにした時、両親の面倒を見るときになった時に困ります。ある程度住んだあとのマンション、戸建ては、場所などにもよりますが二束三文で売ることになるかもしれません。へたをすれば売値が低すぎて、売るに売れないといった状況に陥る可能性もあります。また購入時相当大きな費用が必要となります。自分の家やマンションを持てるというのはメリットもありますが、このようにデメリットも無視できません。